保育所退職を決断し引き止められた3年間

実習でお世話になった保育所からお声がかかり就職することになった。

子どもの頃からな夢が叶い大変ながらも毎日楽しく仕事をしていた。3年目の時によく腹痛が起きるなぁと思いながらも病院に行っては整腸剤を処方してもらい続けていた。4年目で初めての1人担任を任されバタバタと過ごしながらも充実していた。

5年目は後輩と組み、6年目は再び1人担任。この時になると体調不良が悪化しトイレに駆け込むことが増えた。食欲もなくなり気づけば3ヶ月で10㎏ほど体重が落ちていて、さすがにまずいと病院を変え診察してもらった。

検便ですぐに引っかかり内視鏡検査をすると腸が炎症を起こしていた。

子ども達にも職場の人々にも迷惑を掛けていたのでこの年に退職したいと園長に伝え了解を得ていた。

初めにいっておくが、これから保育士の転職を考えている人は、転職サイトを絶対に使った方がいい。

その方が間違いないのだ。

参考: 保育士求人・転職サイトランキング@評判・人気を徹底比較

続けて欲しい

早めの時期に退職の希望を出し、病気で迷惑を掛けながらも子ども達と最後の思い出をたくさん作ろうと頑張っていた。

副園長からなかなか新しい人が見つからないと言われながらも、私は自分の仕事をしていた。

1月終わり。退職まであと二カ月と思っていたある日突然後輩が保育所を辞めてしまった。

私が退職希望を出してから求人を出してもなかなか人が来なかったのに今からもう1人見つけるのは難しいと判断されたようですすぐに私は園長に呼び出され「来年度も続けて欲しい」と言われた。

病気の事があり親も反対したがもう一年だけ頑張ろうと思い続ける決断をした。

2 1年が2年…

続けると答えたがその時点であと一年だけと園長には話をしていた。しかしその年は先輩が2人退職するとの事で結局私はまたしても残って欲しいと言われ、体調も少し落ち着いていたのでもう一年頑張ってみることにした。

結局丸6年で退職するはずだったがその後3年働いた。体調が一番酷かったのが6年目の時だったので続けて行こうと思えばまだ続けられたが、引き止められながら3年頑張ったが園長に「体調悪そうにするのをやめて欲しい」と突然言われたのでやめる決心がついた。

もちろんどんなに体調が悪くても子ども達の前では見せずにいた。休憩時間の事を言われ、私は少しでも保育所の為にと思ってやってきた事を否定されたようで悲しかった。

保育士不足

交通の便が悪い保育所だったのでそれも原因はあるのかもしれないが、退職者がいると毎回求人を出しても人が集まらないと言っていた。給料や待遇をもう少し良くして保育士不足を改善して欲しいと思う。

この保育所退職後、他の園で働き結婚して子どもができたので退職した。

この時入った園も保育士が集まらないと相談を受けた前職場の副園長の紹介だった。

通院日には点滴を受け、副作用で次の日は動けなくなっていたので休みを貰っていたがそれも了承を得て入ったにも関わらずチクチクと嫌味を言われる事もあった。

転職には困らなかったが入ったあとに保育士不足を感じる事が幾度かあった。